フィリピンに留学をする事で英語が簡単に身につきます

男の人

違う視点から見てみる

アルファベット

スピードラーニングを使って英語を身につけよと考えている人は少なくありません。積極的に取り組んでいる人もたくさんいます。しかし、ずっとスピードラーニングのCDを聞いているだけでは、ちょっと飽きてしまう場合もあるのです。しかし、スピードラーニングを使って違う視点から聞いてみると勉強が面白く感じます。スピードラーニングを使って勉強をする際に、日本で普通に使っている単語の発音とネイティブ英語での単語の発音が土がっていると、耳を傾けてしまいます。例えば、「カラオケ」という単語がありますが、これは日本が発祥となる単語です。これをネイティブ英語で聞いてみると「カリィオケェ」という発音になるのです。このように、ちょっとした違いを探してみるのも楽しいでしょう。アメリカと日本の文化の違いを知れたりしますので、スピードラーニングのCDを聞くのが楽しくなるのです。逆に、日本の学校で習った英語の文法が古いと感じる場合や、ネイティブ英語で言いまわしの方法を知る事もできますので、とても良い勉強になります。日本で行われている英語の授業では、絶対に習わないような表現方法などがたくさん詰まっているので、スピードラーニングを使った勉強方法はとても良いといえるでしょう。こういった発想は英語の勉強に力を入れられる方法になりますので、視点を変えてみるのも効果があると考えられます。実際に留学をしなくてもネイティブ英語が聞き取れるようにもなりますので、楽しいです。